マグロよりもドーナツの方がうまい三浦半島

 皆さんはGWをいかがお過ごしでしたでしょうか。私は風邪を引いてしまい、すべての予定が虚無へと帰しました。この記事はゴールデンウィーク中、天井を見続けることに飽きた私が、皆さんに三浦半島とツナ、ではなく美味しいドーナツを皆さんに食べていただきたい一心で紹介する雑記です。封印されていた下書きを掘り起こして投稿したので、コンパクトです。

 

 

 

 

 

 

 

 さて私ちえぴっぴ、GWに入るずっと前に三浦半島におでかけをしました。

 

 

 

 三浦半島に行く手段はいくつかありますが、私がオススメしたいのはコレ。京急電鉄から絶賛発売中の「みさきまぐろきっぷ」。

 

京急線内にある任意の駅ー三崎口間の往復きっぷ

三崎口駅から出発するバスが"乗り降り実質無料"のフリー乗車券

・提携店舗で使える"マグロ実質無料"のお食事券

・提携施設で使える"お土産や入場料が実質無料"のイベント券

 

以上の往復切符と実質無料がギュッと濃縮されて詰まっているのが、この「みさきまぐろきっぷ」です。

 

 

 

 このきっぷは、まぐろを食べて三浦半島の景観をじっくり楽しむことができるので、日帰り旅行者に大変好評なきっぷです。ここで三浦半島の魅力を写真でご紹介しようと思います。

 

 

 

f:id:Tiepp:20180513120806j:plain

実質無料のまぐろ定食。お店によってメニューは異なるが、ボリューム感たっぷり。

 

 

 

f:id:Tiepp:20180513120727j:plain

実質無料の景観。広大な海と緑に囲まれる幸せを噛み締めます。

 

 

 

f:id:Tiepp:20180513120732j:plain

実質無料の海。透明感がありすぎて、母なる地球に感謝しかない。

 

 

 

 

 ところで、この「みさきまぐろきっぷ」のパンフレットに不可解な点が1つあります。イベント券で利用できる店舗の中に、まったく何の脈絡もなく、お魚とは縁程遠い、ドーナツ屋さんが記載されているのです。

 

 

 

 

 

 ツナことマグロを食べに来ているであろう人々に、ドーナツを提案するその度胸、興味深いですね。ツナ、どー?ツナどー?ツナドー……試行することn回目でドーナツになることうけあいです。なんだか宇宙の真理に近づいてきたような気がしてきました。ホーキンス博士も喜んでいることでしょう。

 

 

 

 いやはや、ドーナツなんていつでもどこでも食べれるやん?わざわざ観光地で食べなくとも、と思うかもしれませんが、そんなんマグロだっていつでもどこでも食べようと思えば食べられますからね。回転寿司屋さんとドーナツ屋さんどっちの方が日常的に見ますか?加えて基本この地でマグロ料理を食べようとすると1500円前後しますが、ドーナツはひとつ200円前後だと考えると、圧倒的なコストパフォーマンスの前に我々貧民はひれ伏すしかないのです。市場価値の話はするな。ましてや、天下の京急電鉄様がパンフレットに掲載するだけの相応の理由がこのドーナツにはあるのでしょう。

 

 

 

 

 そう思った私は、休憩がてらちらっと寄ってみようと思って、店内にお邪魔しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結論から言うと、三浦半島はマグロよりもドーナツの方が美味い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのドーナツ屋の名は、「ミサキドーナツ」。食べログの星3.5を獲得している正真正銘モノホンのドーナツ屋です。

http://misakidonuts.com

 

f:id:Tiepp:20180513122317j:plain

 

 お店は住宅街のなかにある飲食店が立ち並ぶエリアにあります。ついでに言うと、パンフレットに書いてある通りの場所にないことが、ここを秘密めいた場所にしています。隠れ家的なお店の中は非常にフォトジェニックさを意識した作りになっていて、この日はフランス語を上手に喋るネコのキャラクターが展示されていました。ジュテームネコ。名前は知りません。

 

 肝心要のドーナツはというと、日替わりでさまざまなフレーバーのドーナツが並んでいました。チョコバナナとか、抹茶小豆とか、ホワイトチョコラズベリーとか。欲しいものはなんでも揃っているかのごとく品揃えでした。オタクである皆さんに向けてわかりやすく説明をすると、ここは宝石箱などではなく、ドーナツ界の秋葉原なのです。

 

 実際にドーナツを口に運んでみると、市販のドーナツのような脂っこさは全く感じず、生地の間には各々のフレーバーに合わせたペースト状のクリームが入っていることもあり、小麦粉のふわふわさとクリームのなめらかさが口当たりの良さを演出してくれます。甘味もほどよく、最後まで飽きずに食べることのできるドーナツでありました。

 

 

 

 

 

 ドーナツは飽きなかったのですが、この記事を書くのに飽きてきてしまいました。兎にも角にも、ここのドーナツは頭がバカになるほど美味い。日常に潤いがない、仕事がうまくいかない、共に過ごすパートナーが欲しい、全ての悩みを救済してくれるのがこのミサキドーナツなのだ。助かりたければミサキドーナツを、食べろ。

 

 

 

 

 

 

おわり